ISO関連 (環境マネジメントシステム【ISO14001】環境目標及び達成状況)

第69期行動計画目標達成状況(2018/10/1~2019/9/30)

(活動結果:○達成、×△未達成)

NO 部署名
目的 ・ 目標
活動結果 達成率( % )
1 組立課 5Sの推進・廃棄物削減(1年目)

(目標)
グラインダー砥石使用量、廃棄量の調査
・5Sチェックシ-ト : 10月 27/70点 ・8月 42/70点 上期:+6点 下期:+9点
通期で+15点上がり活動の効果が確認できた。
・砥石の使用量・廃棄量調査結果:砥石の総廃棄量・個数:2123個 重量:54.3kg
1台に使用した廃棄量:0.9個 22g
使用量
廃棄量
調査結果
2 濾材課 ノッチワイヤー端材削減の定着化及び、バラスト素線安定化(2年目)

(目標)
エレメント1本当り 端材廃棄量6.6g 以下:内部要因のみ
・内部要因のみ:端材廃棄量平均2.5g・目標値達成率162%
発生原因別で見ると、調整作業、調整不良、巻線トラブル(定型班)の数値が高い。
巻線トラブルは、前期に対して大幅な削減ができている。(68期427件 69期160件 37.4%減)
162%
3 運輸課G 塗装場の環境整備5S、環境負荷低減塗料への取組 (2年目)

(目標)
環境整備、環境負荷低減塗料への取組
洗浄用シンナー代替品は現状見つからず、引き続き検討中。塗装ブースを新型に更新して、一定の成果が得られた。トルエン推定削減量377kg
実施報告書
による
4 技術開発部 環境配慮設計製品の具現化. 5S推進による業務改善と環境負荷の低減 (1年目)

(目標)
(1) 具現化の推進
(2) 事務所内の5S
(3) 紙ファイルの取込み

(1)スケジュール線表の変更などがあったが全ての項目を実施した。
(2)**省ファイル仮明記100%**社 移転・社長室新設に伴いレイアウト変更により清書が遅れ50%
(3)ArcSuiteへ格納1棚分完了※ロカ上全体書庫の5%

(1)100%
(2)50%
(3)5%
5 営業本部 CO2の削減 (3年目)

(目標)
(1) 5Sとリンクした業務改善と環境負荷低減
(2) 営業誤記の傾向分析と是正
(3) 効率化による作業時間低減
目標値35件:69期、訂正通知発行件数20件・CO2排出量9.04kg・達成率175%
 
・オーダー発行件数(****件)に対し0.54%の誤記率
175%
6 環境品質管理部 社内不適合の削減=時間短縮/業務効率化(3年目)

(目標)
品質目標とリンクさせ、クレーム・社内不適合の削減を図る
(1) 社内不適合:5件以下
(2) 不適合処置時間を集計しCO2の削減に繋げる

(1)69期3件
(2)14件 CO2換算目標値22.41kgに対し14.1kg
(3)新規検査表作成50件
(4)5S:事務所棚上の整理・保管期限外書類の整理

(1) 166%
(2) 150%
7 総務部 5S活動の推進 (1年目)

(目標)
(1) 事務所及び書庫の整理整頓
(2) 空調機用電力計測

(1) 事務所及び書庫の整理・整頓 達成率100%
(2) 空調機使用電力全体平均冬季:92.7% 夏季:115.6%
冬季は大幅に削減できたが、夏季は猛暑等により大幅に増えた。


(1)100%
(2)
冬季
92.7%
夏季
115.6%
8 資材管理G 5S活動の推進 (1年目)

(目標)
(1) 倉庫、工場内の整理整頓
(2) 整理整頓による低減時間の計測

(1) 倉庫2階、部品番号のみを、品名、棚番、並び順を表記した。
鳥浜倉庫:不要部品廃棄、整理整頓により30パレットの空きができた。
(2) 主要機種箱入れ時間の計測・集計実施

実施報告書
による
9 ロカテック 5S活動の推進 (3年目)


(目標)
業務時間:
(1) クレーム0の徹底
(2) クレームに係るCO2の削減

(1)集荷に関わるクレームは0件 100%
(2)出荷数68期****件・欠品数39件99.81% 69期****件・欠品数21件 99.90% 前期より出荷数が****件(11%)増えたのに対して欠品・遅延の削減出来た。

(1) 100%
10 神戸営業所 5S活動の推進(1年目)

(目標)
(1)事務所内5S継続
(2)廃棄物による環境影響の理解
(3)環境意識向上

(1)事務所の整理整頓
(2)不用品の廃棄、事務所内の改善点の調査/分析/実行 残業時間の管理評価A
(3)セミナ-・新聞等で情報収集を行い教育訓練実施。
CO2排出量1319.34Kg 幹の直径が30cmの樹木の約16.4本分に相当する。

実施報告書
による
11 鳥浜工場 CO2の削減・塗装場5Sによる環境整備と環境負荷低減塗料への取組み (1年目)

(目標)
(1) 誤作業による再作業を削減する
(2) 塗料使用量前期同様とする
・69期 不具合4件 処置時間 1980分 CO2排出量80kg
・目標・塗料使用量250.4kg以下 69期累計113kg 65%削減
221%


第70期行動計画一覧表(環境目標)(2019/10/1~2020/9/30)

NO
部署名
目的 ・ 目標
1
組立課 ● 5Sの推進・廃棄物削減(2年目)

(目標)
○ グラインダー砥石使用量、廃棄量の調査
2
濾材課 ● ノッチワイヤー端材削減の定着化及び、バラスト素線安定化(3年目)

(目標)
○ エレメント1本当り 端材廃棄量4.6g 以下(外部・内部要因)前期比30%減
3
運輸課G ● 塗装場の環境整備5S、環境負荷低減塗料への取組(3年目)

(目標)
○ 環境整備、特定化学物質やVOCの消費量削減
行動内容:塗装場の環境整備・ラッカーシンナー代替品の調査、検討
    :下塗り上塗り塗料(エコラッカ―プライマー)管理及び活用
    :環境負荷低減塗装設備の調査、検討、実施
4
技術開発部 ● 環境配慮設計製品の具現化. ベース業務改革による業務改善と環境負荷の低減( 2年目)

(目標)
○ 具現化の推進
○ 外形図・構造図の標準化
○ 外形図・構造図・部品図不備修正
5

営業本部 ● ステークホルダーと共に環境負荷低減価値の認識を共有(1年目)

(目標)
○ 環境人の育成
○ 環境時事問題の調査
6
環境品質管理部 ● 各部門の行動計画の達成 
● 5S活動の推進
● 協力会社訪問件数15件以上/1年(1年目)


(目標)
○ 各部門の行動計画進捗管理
○ 検査場・事務所の整理整頓
○ ステークホルダーと共に環境負荷低価値の認識を共有する
7
総務部 ● 5S活動・CO2排出量削減の推進(2年目)

(目標)
○ 新入社員教育(保管・管理を習得
○ 整理整頓・空調機器用電力計測
8
資材管理G ● 5S活動の推進(2年目)

(目標)
○ 倉庫、工場内の整理整頓
○ 整理整頓による低減時間の計測
9

ロカテック ● 5S活動の推進(1年目)

(目標)
○ 出荷に係るクレームゼロの徹底
○ CO2の削減
10
神戸営業所 ● 5S活動の推進(2年目)

(目標)
○ 事務所内5S
○ 労働環境改善 
○ 廃棄物削減による環境への貢献
○ 環境問題の理解と対応
11
鳥浜工場 ● CO2の削減 ・塗装場5Sによる環境整備と環境負荷低減塗料への取組み(2年目)

(目標)
○ 誤作業による再作業を削減する
○ 塗料使用量前期同様とする